下腹部の疼痛をよく起こす主な病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性性器の疾患等の病名がみられるでしょう。
子どもの耳管の構造は、大人に比べて太目で短い形状で、又ほぼ水平になっているため、様々なばい菌が入り込みやすくなっているのです。幼い子供がよく急性中耳炎を発症するのは、この事が関係しています。
バランスの良い食事を1日3回とることや運動は当然のことながら、体の健康やビューティーアップを目的とし、欲しい栄養を補うために様々なサプリメントを摂る事が常識になってきていると言われています。
マスクが欠かせない花粉症とは、山林の杉や檜などの草木の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を発症させる病気として広く認識されています。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの研究により、注射の効果が期待されるのは、注射の2週間後から150日位だろうということです。
学校等の団体生活をするにあたって、花粉症のせいでクラスのお友達と同時にエネルギッシュに行動ができないのは、本人にとっても残念な事でしょう。
エイズウイルス(HIV)を持った血液、精液をはじめ、唾液、母乳、腟分泌液などの体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜や傷口に触れた場合、HIV感染のリスクが大きくなってきます。
筋緊張性頭痛とは肩凝りや首筋の凝りから起こる最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛さ」「重くてたまらない頭痛」と言い表されることが多いようです。
ポリフェノールで最も有名な特長は水溶性であるビタミンCやトコフェロールなどとは異なって、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を予防する作用を持っているのです。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、人の体の中の脂肪が占める比重を指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重×100」という式によって弾きだせます。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体に吸収されるのを補助する特徴で有名であり、血液の中のカルシウムの濃度を調節して、筋繊維の機能を操ったり、骨を生成してくれます。
「肝機能の減衰」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の数値でモニターできますが、ここ数年間で肝臓の機能が低下している人数が徐々に増えているということが注目されています。
通常の場合骨折に至らない位のごく小さな圧力でも、骨の一つのポイントだけに繰り返していつまでもかかることによって、骨折することがあるので油断できません。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではない状態で生命活動を保つ(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の維持等)ために必ず要る基本的なエネルギー消費量の事を指しているのです。
30才代で更年期になったとしたら、医学的には「早期閉経」という病を指します(我が国の場合40才未満の女性が閉経してしまうケースを「早期閉経(premature menopause)」と定義しています)。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>猫の口臭対策※簡単ケアならサプリメント!おすすめサプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です